手すりを取り付けて安全第一|家が蘇るリフォームとは

作業員

浴室を快適にする

住宅

浴室リフォームをする目安としては10年と言われています。浴室は水を使う場所となっているのでそれ以上の年数利用し続けると破損する可能性がありますので、業者に一度観てもらうと良いでしょう。

ドアリフォームの必要性

男の人

玄関ドアがスムーズに開閉できることはとても大切です。新しいドアにすることで子どもや高齢者なども利用がしやすくなります。沢山の人が利用するドアをリフォームすることでその利便性は格段に向上します。

色々な用途に使える

一軒家

リフォームを依頼する専門業者によっては、手すりの取り付けなどそれぞれのニーズに合わせたプランを提案してくれます。誰もが笑顔で安心して暮らすため安全性について考えた場合、トイレや階段、滑りやすい浴室など身近なところに危険が潜んでいるものです。 そんな身近な場所に手すりを取り付けておけば、安心して暮らすことができます。 小さなお子様がいるご家庭、ご両親と同居されているご家庭なら尚更、手すりを取り付けるだけで安全性がグンと高くなります。トイレや浴室といったちょっとした手すりなら、柱のある場所を考えてご自分でDIYすることも可能です。ですが階段の手すりの取り付けは長いので業者さんにお願いしなければならないかもしれませんが、費用的にはそんなに掛かりません。誰もが安全に暮らせるマイホーム目指し、手すりの取り付けをお考えになられてはいかがでしょうか?

高齢化社会において伴い、在宅介護サービスを利用する高齢者が増加している中、住宅の内部に手すりの取り付けをするケースも増えています。 介護保険を利用した、バリアフリー化のための改修工事では、手すりの取り付けや、段差解消機の設置などの工事をする際に地方自治体から補助金が助成される制度を活用できるため、福祉住環境コーディネーターに依頼して設計や補助金申請を代行してもらえます。 手すりの取り付けにおいての注意点としては、手すりをしっかりと固定できる下地の有無を必ずチェックすることです。 安易に金具とビスで取り付けするだけで終始してしまうと、重量に耐えられず脱落して高齢者の怪我を誘発してしまうリスクがありますので、必ず下地があるところに固定するか、下地がなければ金属や合板などの下地を加工して仕込んでもらうことを徹底することが重要です。

過ごしやすい住宅

住宅

快適な住宅を実現するためにはリフォームを行っていく必要があります。最近は老後に向けて住宅をバリアフリー化する人も多くなっていています。将来を見据えた住宅作りを行っていきましょう。